土地活用のARM|秋留台土地活用有限会社

土地活用のARM|秋留台土地活用有限会社
営業時間09:00~17:00
電話番号042-550-1123
なぜペット可の賃貸物件は限られるのか?

ペットとうまく暮らすための4つのルール

 最近の分譲住宅では、ペット可になっている物件が8割を超えているという調査結果がありますが、賃貸住宅ではそこまで広まっていないのが現実です。それでも、ペットとともに暮らしたいという人は、少子高齢化に伴って増加する傾向にあります。そんな需要に応えるべく、賃貸物件でも「ペット可」をうたうものが多くなってきていますが、おなじペット可賃貸物件でも条件や環境はさまざま。ここは次にあげる4つのチェックポイントに注目して、ペットと飼い主が幸せに暮らせる家を探してみましょう。

・ペット用の施設をチェック!
物件によっては「ペット可」というだけでなく、「ペット対応」として、エントランスに足洗い場や、部屋の扉にペット用くぐり戸など特別な設備が用意されているものがあります。こうした物件は、便利というだけでなく、住民のほとんどがペットを飼っていることが多いため、非ペット住民とのトラブルが起こりにくいというメリットもあります。

・地域環境をチェック!
ペットとの暮らしでは、物件の中だけでなく、周囲の環境も大事です。散歩ができる公園などがあるか、困ったときに頼りできる獣医師がいるか、なども確認しておきましょう。

・住民のマナーをチェック!
集合住宅であれば、エントランスなどにペットの粗相がないかなど、その物件にすでに住んでいる人のマナーを確認しておきましょう。一部の飼い主がトラブルを起こせば、ペットを飼う住民全体の問題になり、最悪「ペット不可」の物件に変わってしまうことも考えられます。そんなことが起こらない物件を選びたいものです。

・管理規約、原状回復に関する取り決めをチェック!
一口に「ペット可」といっても、飼うことが許される動物の種類や大きさ、体重などが管理規約で決められているはずです。自分のペットがその規約に反してしまわないかをしっかり確認しておきましょう。また、借り主は「原状回復」に関する取り決めも確認が必要です。「原状回復」とは、部屋を借り始めたときの状態に戻すことを意味します。ペットが壁紙や床を傷めてしまった場合、原状回復の費用が膨大になってしまうこともあります。敷金や礼金が通常よりも多めになっていることもあるので、条件にについては契約書をよく確認しましょう。

ポイント!
  • ペット可の物件といっても、何でも許されているわけではなく、やはりマナーをきちんと押さえて、“ともに暮らす”という考えが大事のようです。いい物件を見つけて、ペットのいる豊かな生活環境を作り上げましょう。

賃貸物件を路線・駅から探す賃貸物件を路線・駅から検索できます。 賃貸物件をエリアから探す賃貸物件をエリアから検索できます。
売買物件を路線・駅から探す売買物件を路線・駅から検索できます。 売買物件をエリアから探す売買物件をエリアから検索できます。
携帯サイトはこちらから